[日本一周]103日目 和歌山 すさみ~③

10/20 早朝起床です。

諸事情があって今日は早く出ます。

大地の力

久々の移動です。

今日も大地のパワーを見に行きますよ。

入り口はここだと思うのですが、果たして行けるのでしょうか。

沢の横を歩いたり、こんな急斜面を進みました。

滑って落ちたら人生終わってしまいそうです。

視界が開けました。

これはこれで良い景色ですが、目的地は別です。

この「ぐんにゃり」、フェニックス褶曲です。

先日も海岸でS字型になった地層「褶曲」を見ましたね。

ただここは大きさが全然違います。

見てくださいこの大きさ。

この大きさの岩石でも大地の力によってグニャグニャに曲げられてしまうのです。

でも、写真で見たのとアングルが違う気がします。

もっと遠くからのはずなんですよ。

ただ、すぐ後ろは海です。

この釣り人のところに行きたいのですが道がわかりません。

きっとあそこからの眺めが写真のやつなんです。

別の道からも行こうとしましたが、崖があって無理ですね。

あの釣り人のもとには、どうしても行けません。

私の能力では到達できないようなので諦めました。

ところでなぜにフェニックスなんでしょうか。

小休止

途中道の駅で、休憩しながらの移動です。

志原海岸では熊の頭に見える岩。

右を向いた熊さんに見えますね。

安く梅干しも売っていたので食べてみたり。

塩っ気が強すぎて、単体では厳しいですね。

ごはんか何かと食べないとダメな味の濃さです。

椿はなの湯では足湯。

温泉の効果で足がスベスベになりました。

足首の日焼け跡は3ヶ月の成果です。

いつになれば消えるのでしょうか。

まさに断崖絶壁

今日のメインはここです。

三段壁です。

海に飛び出した崖、まさに断崖絶壁です。

タイミングがいいことに、ちょうど天気も晴れました。

ここ、遠くから眺めるだけでなく、上を歩くことができます。

崖の上はこんな岩場です。

崖の上に立つと、開放感がすごいです。

下を見ると、きれいな海です。

自撮りでも遊んでみました。

きれいな景色の光の部分だけでなく、闇の部分もちょっと紹介します。

こんな看板がチラホラとあります。

人生に悩んだ人が、ジャンピングしてしまうポイントでもあるんでしょう。

そんな闇の面もあるここは恋人の聖地にもなっています。

いろいろと振れ幅の大きい場所でしたね。

段々岩

三段壁のすぐ近くにはこんなところもあります。

千畳敷という場所ですが、少し離れただけなのに全然違う景観ですね。

あまりゴツゴツしていなく、平らな地形です。

段々畑のようにも見えます。

残念なのは落書きが多いことです。

刻んだものが永遠に残ると思ってやっているのかは知りませんが、ただ景観が悪くなるだけで迷惑です。

ここに刻んでもあなたの人生が良くなることは何一つありませんよ。

犯罪の証拠だけが永遠に残るだけです。

さっさと風化して消えてほしいな。

歩く旅人

今日は徒歩で日本一周の方と遭遇しました。

偶然ではなかったんですが。

ツイッターでおおよその場所がわかっていたので、見つけられると思っていました。

見つけたときの写真です。

こっそり盗撮しました。ゴメンなさい。

この時、こちらはまだバレていませんので、後ろから近づき声を掛けました。

東京出身のまさるさんという方です。

ただ、この時は三段壁に向かっているところだったので、挨拶程度で一旦別れます。

夕方に待ち合わせをし、お酒を酌み交わしました。

いろいろと話をさせてもらいましたが、荷物は30kgもあるそうです。

私の装備よりも確実に重いです。

それを背負って歩いているんですからすごいです。

私にはとても真似できないです。

歳も一つ違いだったり、経歴にも共通点があったりしたのでおいしい料理とお酒を味わいながら、夜まで楽しく過ごさせてもらいました。

とても楽しい良い夜でした。

おわりに

今日の移動 和歌山県すさみ市から白浜町

久々の日本一周勢との出会いは楽しかったですね。

おかげてお酒を飲みすぎてしまいました。

明日の体調はちょっと心配ですが、それはまた明日の話です。

今日も1日お疲れさま。また明日。

日本一周
スポンサーリンク
フォローする
だいじだっぺ

コメント