[日本一周]140日目 高知 室戸~

11/26 気温はそうでもないのですけれど、風が冷たいですね。

今日は寒そう。

あんまり動きたくないな。

お遍路さん

昨晩泊まっていた道の駅の風のベンチで過ごしていました。

ちょうど風があたりにくくて良かったんですよ。

そんなとき、おばちゃんのお遍路さんがやって来て、「どこから来たの?」と声をかけられました。

「茨城から」と答えましたが、このお遍路さん、見たことある気がするんですよ。

それもつい昨日に。

ジオパークセンターに入るときに同じように声かけられているんはずなんですよ。

しかし、初対面の様に対応されたので、別の人かもしれません。

この格好、間違いないよなと思い「昨日、ジオパークセンターで会ってませんか?」と聞くと、思い出したようで、「ああ、あの時の人か」なんて言われてしまいました。

そんな印象薄かったのかと思っていたところ、さらに「歩きなの?」などと聞かれる始末です。

昨日、自転車で近づいたのはさっぱり覚えていないらしいです。

喋った内容も一からです。

昨日会ったのは幻想。初対面と思って応対しました。

そんなマイペースなおばちゃんと話をしていましたが、突然道の駅の売店に入ってしまいました。

出て来たら手に袋を持っています。

そしてそれを私に差し出してくるのです。

「お接待」だそうです。

若者を見かけるとお接待をしたくなるそうです。

私はまだまだ若者で通りそうです。

頂いたものはちらし寿司。

「お腹空いたときにでも食べな」と渡されてしまいました。

さらに飲み物代までも頂いてしまう事に。

通常はお遍路さんにお接待をするものですが、逆にお接待されてしまうとは。

これもまた、四国ならではなのでしょう。

さすがにお接待を受けるだけでは申し訳ないので、私も旅人やお遍路さんにお接待してみます。

受けた恩はどこかで返さないといけないですから。

私の受けた恩が別の人に伝わり、さらにその連鎖が繋がり広がっていってほしいのです。

そうすれば世の中はきっと今より良くなりますよ。

吉良川の街並み

やって来てのは吉良川地区。

ここの街並みを見に来ました。

壁に屋根のようなものがついています。

水切り瓦といって台風の多い室戸地方ならではの造りで、横殴りの雨で壁に打ちつけた雨を壁伝いに流すのではなく、直接地面に落とす仕組みです。

これにより、漆喰の壁の寿命が延びるのだそうです。

こう見ると、効果があることがわかります。

水切り瓦の下だけは漆喰がきれいに残っていますね。

もう、気合入れていっぱい付けすぎです。

レンガ造りとの併用パターンもありました。

ちなみにここは備長炭屋さんです。

この吉良川の街は備長炭の生産で栄えた街でもあります。

このような塀もよく見かけます。

こちらの名称はいしぐろです。

暴風雨の際に壁となってくれることで、家を守るものです。

確かに1階建てならかなり守られている気がします。

家によっては凝ったデザインにしているところもあります。

この、上下で違う積み方をしているのがなかなか良いですね。

センス〇です。

実用性と景観を兼ね備えた面白い街並みでしたね。

海成段丘

昨日のジオパークセンターで知った場所です。

この山の上なので、自転車は置いて歩いていきます。

なかなかの坂です。

登りきってもこんな景色しか見られないんですけどね。

ただ、この平らな地形は海が作ったものです。

それも標高100m以上の山の上にです。

ここは大昔は海岸でした。

そのため平らな地形となっているのですが、隆起による隆起で今は山の上になっています。

1000年で2mと、世界的にも珍しいスピードで隆起をしているそうです。

隆起の原因は地震です。

南海地震が起きるたびに地面は少しずつ上がってきたのです。

そんな海成段丘で行われているのが農業です。

これはサツマイモ。

大根や、柑橘類も作っています。

ここは何でしょうか?

近づいてみると、小さい実が成っている植物です。

見たことはありますが名前は出てきません。

とにかくいろいろ作っています。

遠くから見ると見事に平らになっている台地。

何とも不思議な地形でした。

おわりに

今日の移動 高知県室戸市から田野町

今日見つけた野良鶏です。

墓場の隣を悠々と闊歩していました。

高知は今日も平和です。

今日も1日お疲れさま。また明日。

日本一周
スポンサーリンク
フォローする
だいじだっぺ

コメント