[日本一周]36日目 長野 小布施~

8/14 今日は雲がちょっと多めです。台風が近づいている影響でしょうか。まずは小布施の街中に行ってみましょうか。

小布施散策

浮世絵師として有名な葛飾北斎にゆかりがある所です。
ここ小布施の豪商、高井鴻山との縁によって晩年こちらに来ていたそうです。

作品の展示館である北斎館が開く前に、街並みを見てみましょう。

落ち着いた町並みで、無理をしている感じもなく、ちょうどいいです。

少し古めではありますが、汚い感じもなく、バランスが取れています。

特にこのような路地を、いろいろと巡ってみるのが面白いです。

また、オープンガーデンと言って、個人やお店のお庭にちょっとお邪魔させてもらうことができます。

この看板が目印です。

ここが私のお気に入りの庭でした。

散策が終わってからは北斎館です。

ここでは主に晩年に書いた、肉筆画が多く展示されていました。

この様なものもありました。絵の手本書として作られた北斎漫画というものです。見ながら書いてみましたがどうですか?

それなりに書けているでしょうか?

全体を通して感じたのは、北斎の作品は構図が面白いものが多かったです。その中でも私が気に入ったのは『白蛇と雀』という作品です。

撮影禁止のため、画像はありませんので、ネットで検索するか、実際に行って見に行って。

きっと、面白さを理解していただけると思います。

それと、葛飾北斎は何度も名前を変えているんですけれど、『画狂老人卍』(がきょうろうじんまんじ)と名乗っていたこともあるそうです。

すごい名前ですよね。

これが一番パンチが聞いているので、私はこれから葛飾北斎のことを 『画狂老人卍』 と呼ぶことにします。

懐かしの長野オリンピック

若い人は知らないかもしれませんが、長野で冬季オリンピックを開催したことがあります。
1998年の時です。当時、私は小学生でした。

家のテレビで観戦するのはもちろん、学校の授業中にもテレビで観戦した記憶があります。

その長野オリンピックのスピードスケートの競技会場であった場所に来てみました。
中は記念館となっているので入ってみます。

冬季オリンピックにまつわるものがたくさん展示されていますね。

このキャラクターいましたね。見覚えありませんか?スノーレッツという名前だったようです。

メダルも置いてあります。

これは聖火のトーチです。
重そうに見えますが、持ってみると結構軽いですね。

そして、実際に協議が行われた会場も見ることができます。
いまは氷は張っていませんが、秋から冬にかけてはスケートリンクとして使用されます。

表彰台もあったので上ってみました。
ただ、3人いないと表彰台感があまり出ませんね。

おっさんの一人遊びでした。

オリンピック会場の後は長野市にまた戻りました。

おわりに

今日の移動 長野県小布施町から長野市

長野市に戻ってからは宇都宮の時にも会った、学生時代の友人と3時から11時くらいまで飲み歩きました。

帰るころには、足がふらついていました。

明日が大変になるので、二日酔いにならないことを願います。

今日も1日お疲れさま。また明日。

日本一周
スポンサーリンク
フォローする
だいじだっぺ

コメント