[日本一周]147日目 高知 四万十~①

12/3 風が冷たくて寒い。

高知と言っても山の中ですからね。

指先が冷えてブログも書けないから、行くしかない。

四万十下り

次の中継地点は四万十市ですが、ルートが2つあります。

海側か川沿いか。

天気はまずまずですが、四万十川を見てみたくなったので、川下りルートで進みます。

四万十川は大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」と呼ばれています。

そんな川ですから、きっと水はきれいなのでしょう。

実にのどかな風景です。

左右も山で囲われています。

きっと四万十川が削ってできた地形でしょうね。

それに、ものすごく曲がりくねってもいます。

日本の原風景を思わせる景観です。

沈下橋もたくさんあります。

水面に近い場所にかけられているため、大型の橋よりも建設費が少なくて済むメリットがあります。

欄干がなく、危険に感じますが、増水時に流木などが引っ掛かり、橋が壊れてしまわない工夫です。

水の色を見てみましたが、青さはあるものの、ちょっと濁っています。

昨日雨が降った影響でしょうか。

それにしても良い風景ですね。

自然が残っていることがわかります。

たまにはこうして、川を眺めながらゆっくり走るのもいいものです。

風が強かったので、ゆっくりしか進めなかったんですけれどね。

おわりに

今日の移動 高知県四万十町から四万十市

夜にスーパーでビールとつまみを買ったのですが、ちょっとしたトラブルがありました。

袋を地面に置いたときにどうやらビールの缶に穴が開いたようです。

それを知らずにリュックの中に仕舞ってしまいました。

バカだと思いますが、真っ暗な夜でしたから、気付かなかったんですよ。

あとでリュックを開けてみたら、ビショビショです。

一応タオルで拭きましたが、明日はどうなっているでしょうか。

今日は残ったビール飲んで寝ます。

もう知ーらない。

今日も1日お疲れさま。また明日。

日本一周
スポンサーリンク
フォローする
だいじだっぺ

コメント