[日本一周]110日目 大阪 大阪~②

10/27 今日も大阪です。

大阪の戦争

大阪城の近くにあるピース大阪です。

大阪の戦争と平和をテーマにした施設です。

太平洋戦争時に大阪も空襲を受けました。

空襲の範囲は大阪市全土に及び、焼け野原にもなりました。

大阪市内で15000人ほどが空襲によって亡くなったといわれています。

当時の大阪は軍需産業が盛んだったので標的になったそうです。

本日の宿泊先の近くの京橋駅にも爆撃があり、多くの人が亡くなりました。

京橋駅の改札の横に慰霊碑がひっそりと建てられています。

戦争は、無い事が理想です。

ただし、完全に無くなることは無いと言うのが私の見解です。

人間誰しも自分が大事です。

ですが、自分のことだけしか考えないとしたら争いになります。

自分のこと、自国のことを中心に考えるのは当然のことですが、全人類がもう少し他者を認める余裕を持って生きる事ができれば、世界は平和に進んでいくかもしれませんね。

大阪城

大阪城はあまり行く気がしないんですよね。

というのも、休日の大阪城は人がかなり多いんです。

大阪に住んでいた時にも何度も行っていますし。

ただ、先日の友人からクレームが来そうなので、少しだけ大阪城を紹介します。

大阪城は豊臣秀吉のお城と思っているかもしれませんが、徳川家のお城ですからね。

大阪城は大坂夏の陣で落城し、その後徳川家がすべてを覆うように築城しているので、豊臣時代のものは完全に埋まってしまっています。

完全に埋めたのには、徳川家の意地でしょう 。

豊臣から徳川に時代が変わったと知らしめる目的があったと私は考えています。

大阪城の見どころとして、思いつくのは大きな石垣と水堀です。

日本最大級の大きさですから、これは見ていて楽しいです。

それと巨石も見どころです。

これは桝形に使われた肥後石ですが、高さ5.5m、横幅14.0mもの大きさがあります。

この様な巨石もたくさんあります。

天守は…行きません。

内部は博物館になっていますし、大坂の陣のものなど資料も多くあるので、興味があれば行ってみてください。

大阪市城東区成育3-10-1

ここからは完全に私的な時間です。

かつて住んでいた場所の思い出巡りですね。

まずは、住んでいたマンションです。

入居の際、オートロックが反応しなくて、真夏に3時間ほど外で待たされたのはいい思い出です。

建物は新築で、周りも静かでしたし、なかなか良いところでしたよ。

そしてお世話になったスーパーの「ライフ」。

会社帰りによく寄りました。

次が肉屋兼、焼肉屋のお店ですが、販売している総菜がいつでも半額という謎の値段設定です。

ここは休みの日に酒のつまみの総菜を買って帰りました。

そして近所の公園。通称三角公園。

今見てみると、清潔に保たれて、治安も良く、普通に野宿できそうですね。

近くにはスーパーもコンビニもありますし、食料調達は容易です。

住宅地のど真ん中にあるので、さすがに通報されそうですが。

ここで休憩がてら、先ほどのお店で買った空揚げを食べます。

懐かしい味です。

このスパイスに聞いた味付けが好きでした。

お酒によく合うんですよ。

そして最寄りの駅です。

住んでいた時は毎日使っていた駅ですが、今後人生でこの駅を使うことはあるんでしょうか。

そんな中、見慣れないものがありました。

住んでいた時は建設中だったJRの駅です。

そのうち出来るとは聞いていましたが、いつの間にか完成していたようです。

この駅のおかげで、今は新大阪まで乗り換えなしで行けるようですね。

当時、この駅があれば出張や帰省するのに楽だったでしょうね。

おわりに

今日の移動 大阪府大阪市のみ

懐かしい場所を周るのは良いですね。

思い出が甦ってきます。

今日も1日お疲れさま。また明日。

おわりに

日本一周
スポンサーリンク
フォローする
だいじだっぺ

コメント